シェアリングエコノミー事業

社会インフラとなったバッテリーシェアリング。SNSの普及、キャッシュレスの台頭などによって、携帯電話は生活から切り離せないものとなりました。それに伴い、「いつでもどこでも充電したい」というニーズも増加しています。さらに、オリンピックなどグローバルなイベントを控えた日本が、インバウンドの消費者により活用いただけるようになったサービスを全国に展開しています。